Floor map

館内案内

自然箱根旧街道の石畳 / テラス

  • RF
  • 9F
  • 8F
  • 7F
  • 6F
  • 5F
  • 4F
  • 3F
  • 2F
  • 1F

箱根旧街道の石畳

箱根旧街道の石畳

箱根旧街道は江戸時代、『東海道』の中でも通称『箱根八里』として知られる道は旅人の道中でも指折りの難所として知られていました。その理由は標高800mを越える急勾配な山道であることに加え、雨や雪などが降れば泥が脛の部分まで到達するほどの泥道だった為。と言われております。そんな旅人達のために徳川幕府は箱根宿の成立年代は確定されていませんが、新編相模国風土記稿によれば元和4年(1618)に箱根山越えの便宜を図るために宿場を新設したと記されています。その後も第3次朝鮮通信使によれば、当初は竹を敷き詰め歩きやすく整備するも、街道を維持するために毎年竹を敷き替える為に多くの人出と資金を要したといいます。そこで幕府は延宝8年(1680)公金1400両あまりをかけて、箱根峠から三島宿に至る西坂のうち、約10kmを『石畳』の道としたのです。

東海道

東海道とは江戸・日本橋~京・三条大橋までの約492kmに渡る道です。その中でも宿場がすべて合わせて53の宿場があり、神奈川県内の宿場は川崎宿から始まり、神奈川宿・保土ヶ谷宿・戸塚宿・藤沢宿・平塚宿・大磯宿・小田原宿そして箱根宿の9つでした。
慶長6年(1601)徳川家康は宿駅伝馬制度を定めるも、箱根宿を設置せず、少し遅れる事17年後の元和4年(1618)箱根宿を設置いたしました。
『新編相模国風土紀稿』によれば難所である「箱根越え」の便宜を図るために設置されたと記されています。

東海道

箱根八里

箱根は東海道で最大の難所として古くから恐れられていたところです。藤原為家の側室阿仏尼は『十六夜日記』(いざよいにっき)で箱根路のことを「いとさかしき(大変険しい)山をくだる、人の足もとまりがたし、湯坂とぞいうなる」と記しています。

鎌倉時代には、箱根山を越える道として三島から御殿場を迂回して足柄峠を越え、関本から国府津へ抜ける「足柄道」と芦ノ湖を経由し箱根権現を通り湯本へ下る「湯坂道」の2つがありました。
その後徳川幕府が政権を握った後、箱根で主要幹線道路となっていた「湯坂道」から「箱根八里」と呼ばれるさらに険しいルートに大きく変更しました。これは敢えて険しい道へ変更し、京からの進軍を防ぐ為に関所などを設置する事での防衛拠点とする為。との説が有力とされています。

箱根八里
石畳

石畳

箱根を越える中でも「橿の木坂」と言う場所は箱根越えの中でも有名な坂道で、江戸時代の書物の中で「橿の木の さかをこゆればくるしくて どんぐりほどの 涙こぼる」と歌われる程に道中では一つの大きな関門となっておりました。
数字にすると「橿の木坂」の入り口から130mほど進んだ場所はすでに高低差40m(現代のビルで例えれば10階建のビルの高さ)をたったの130mでそこまで登るのですから、どれほど急な坂がそこに待っていたのか・・・。想像するだけでも相当困難な道であるかお判りいただけましたでしょうか?

それに加え、冒頭でも申し上げました通り、足場は雨や雪などが降れば脛まで足場は泥道ですから多くの旅人達の行く手を阻んでいたのは言うまでもありません。
その道を少しでも旅人達が往来しやすいように石畳を敷き便宜を図りました。その一部が今もまだ『箱根旧街道』として箱根湯本ホテルのすぐ側に今も変わらず残っております。

箱根湯本駅から徒歩で20分ほど、今は舗装されてはいますが、昔ながらの風情溢れる坂道を歩くことも出来ます。「箱根旧街道の石畳」・「旧東海道」の側に箱根湯本ホテルは緑に囲まれながら、そんな江戸時代の重要な拠点沿いに今でも建つ昔ながらの情緒を身近に感じられるホテルでございます。江戸の旅人達がどんな思いで三枚橋から須雲川沿いを歩いていたのか・・・自然の緑と調和し、昔の旅人達に思いを馳せながら当館まで一度歩いてみませんか?
そんなお過ごし方を当ホテルではご提案いたしております。

テラス

テラス

当館のエントランスは旧道沿いの坂をまっすぐ上がってきた場所に位置して居る為、ロビー、エントランス、テラスを5階に全てご用意いたしております。
テラスに出れば箱根の大自然が皆様をお出迎えしてくれます。ロビー同様、自然との調和に重きを置いたテラスは出入り口にウッドデッキをご用意し、一歩そこに足を踏み入れれば、箱根ならではの緑豊かな芝生と湯坂山を眼前にご覧いただけます。

そんな緑に囲まれたテラスにはウッド調のテーブルとイスをご用意いたしておりますので、大事な方と言葉いらずの凛とした時間を過ごすもよし、お飲み物ももちろんご自由にお召し上がりいただけますので、箱根の山々をイメージした七湯ビールや銀座カフェパウリスタのコーヒーなどをお供にのんびりと語らってみるのはいかがでしょうか。
お昼時には箱根の緑を満喫し、夜は空気の澄んだ夜空を見上げれば空いっぱいに星空をご堪能いただけます。箱根の大自然を身体中に感じながら大事な方と水入らずのお時間をごゆっくりとお過ごしくださいませ。

施設について

Check in
14:00
Check out
10:00
Shop
16:00〜23:00※金・土のみ24:00まで
客室数
40室
お風呂
温泉大浴場(殿方1・ご婦人1)/ 露天風呂(殿方1・ご婦人1)/ サウナ / 水風呂
サービス
サービス
駐車場
50台 (無料) ※先着順
クレジットカード
JCB・VISA・AMEX・UC・DC・NICOS・ダイナース・UFJ・デビットカード

Instagram Instagram

Information

facilities

  • 駅からバスで10分
  • 駐車場有り(50台)
  • Wi-Fi
  • 金庫
  • 温泉24hrs
  • ドリンク無料
  • 浴衣
  • 21〜29インチテレビ
  • エアコン
  • ウォシュレット
  • アメニティグッズ
  • 空気清浄機