箱根湯本ホテル

箱根湯本ブログHakone Yumoto Blog

カテゴリー: 箱根観光情報-一般の記事一覧

  • 4/23

    手ぶらできもの、箱根旅♪箱根湯本deお気軽レンタル♪
    2017年4月23日

    箱根湯本駅の目の前に

    着物着付け・レンタルのお店『箱根 さくら姫』さんが

    4月17日にオープンしました♪

    レンタル時間は 、営業時間内 借りていられます。

    営業時間は9:30~18:00なので

    オシャレな着物で箱根観光を たくさん楽しむ事ができますね!

    勿論、レンタルの着物を着て お出かけしている間は

    着ていたお洋服などのお荷物を預っていてくれます。

  • 4/5

    春を迎えに身もココロも軽く『キャリーサービス】でGO!
    2017年4月5日

    陽気もポカポカ

    春を迎えに身もココロも軽く

    手荷物を預けて『キャリーサービス』をご利用してみてはいかがでしょうか?

    箱根湯本駅構内の箱根キャリーサービスカウンターで手荷物を預れば

    『箱根湯本ホテル』にお届けします。

    チェックアウト時は、宿から箱根湯本駅まで手荷物をお届けします。

    帰りの電車の時間まで、手ぶらで観光を楽しめます。

    index-fig-01

    キャリー2

    ■受付・お渡し時間目安■

    ●箱根湯本駅→宿
    受付締切
    12:30

    宿にてお渡し
    15:00以降

    ●宿→箱根湯本駅
    受付締切
    10:00

    箱根湯本駅にてお渡し
    13:00~19:00

    ■配送料金(片道)■
    通常サイズ:3辺の合計が120cm以内、20kgまでのもの
    800円(税込)

    大型サイズ:3辺の合計が150cm以内、30kgまでのもの
    900円(税込)

    トランクサイズ:3辺の合計が200cm以内、30kgまでのもの
    1,100円(税込)

    ※箱根フリーパスなどをお持ちなら100 円割引!

    banaa

     

    もっと読む

  • 3/29

    ≪当館宿泊~無料≫芸妓の踊り&お座敷遊び体験
    2017年3月29日

    4月15日(土)、湯本見番1階ホール(住所:箱根町湯本694)にて

    『箱根の舞』のイベントが開催いたします。

    時間:14時~15時

    お問い合せ先TEL:0460-85-5338

    当館にご宿泊のお客さまには無料になるチラシがございますので

    チラシをお持ちくださいませ。ご利用がない場合は2,000円(税込)

    箱根の芸妓衆の唄、踊りを間近で体感できます!

    一緒にお座敷遊びも楽しめるで、是非どうぞ!

    4月以降の日程はこちらです。

    6月17日(土)
    7月16日(月)
    8月13日(日)
    9月17日(日)
    10月15日(日)
    11月23日(日)

    2018年
    1月20日(土)
    2月18日(日)
    3月17日(土)

    ※8月13日は開催時間が20時半から約40分間となります。

    banaa

     

    もっと読む

  • 2/24

    『彫刻の森美術館』恋人の聖地で愛を誓う!!
    2017年2月24日

    屋外がメインの『彫刻の森美術館』

    ステンドグラスの塔や足湯があったりとしていますが

    野外、正面に箱根の山々をのぞむ高台に「妖精たちのチャペル」があります。

    ≪恋人の聖地≫にも認定されています!

    ハート形のデザインの広場に、ウェディングベールをモチーフにデザインされたもので

    天空から舞い降りた妖精たちの羽衣と

    円形のティアラで構成されています。

    愛を誓うふたりの幸せを祝福するイメージを

    「夜毎、妖精たちがウェディングパーティーを開く・・」

    という物語とともに造形化したものです。

    永遠の時をイメージしたハート形の照明が

    愛を誓うふたりの気持ちがひとつになると光り輝く斬新な演出もまっています。

    banaa

    もっと読む

  • 2/23

    ゆらりと心を遊ばせて『箱根 ガラスの森』
    2017年2月23日

    箱根、仙石原にある『箱根ガラスの森美術館』のご紹介です。

    入り口をぬけると

    目の前に大涌谷の噴煙も正面に雄大に見えます!
    中央には、高さ約9m、全長約10mのクリスタル・ガラスのアーチ♪

    ★☆★『光 の 回 廊』★☆★

    約16万粒のクリスタル・ガラスが箱根を渡る風にゆれ

    様々な表情を見せてくれます。

    また館内は、ヨーロッパの中世貴族が熱狂したヴェネチアングラスの名品、約100点を展示する美術館です。

    ヨーロッパ貴族の別荘を模した欧風庭園の広がる館内では

    世界のガラス小物アンティークを販売するショップや

    イタリア人歌手によるカンツォーネの生演奏を行うカフェレストランで

    お食事や喫茶をお楽しみいただけます。

    箱根にお越しの際、御殿場アウトレットに行く途中によってみてはいかがでしょうか~♪

    banaa

     

    もっと読む

  • 1/23

    富士山に向かってドライブぁGO!GO!あれっ!?何か聞こえる?
    2017年1月23日

    富士山をダイナミックに体感できる『芦ノ湖スカイライン』

    最初は富士山に向かって走っていきます!

    富士山一番のビューポイント♪

    imgcafe3781zik4zj

    杓子峠(しゃくしとうげ)

    標高1030m!!

    杓子峠をすぐぬけると、メロディーペーブです。

    メロディーペーブ!?

    とは?

    ココを40キロで走ると

    な!な!なんと!

    『残酷な天使のテーゼ』が聞こえてきます!!!

    是非!富士山を実感してみてください

    もっと読む

  • 1/16

    生命の星・地球の歴史と神秘にふれる『地球博物館』
    2017年1月16日

    『神奈川県立 生命の星・地球博物館』のご紹介です。

    お車で、当館から15分ほど

    電車では、箱根湯本駅から箱根登山電車で約10分、

    入生田(いにゅうだ)駅から歩道橋を渡ってすぐです。

    恐竜やアンモナイトといった化石が展示され

    体長わずか数ミリの昆虫から巨大な恐竜まで

    1万点にのぼる実物標本を楽しむことができます。

    1 4

    2

    巨大なアンモナイトの壁は圧巻です!

    7

    写真はないですが

    魚や蝶や昆虫などの標本展示が

    普通に虫ピンで止めているだけでなく

    綺麗に飽きさせないように

    個性的な展示方法をしています。

    又、説明を行ってくれるボランティアの方も随所にいて

    いろいろ面白い話をしていただけます。

    サハラ砂漠の砂を初めて触りました!

    子供だけでなく大人も意外と楽しめる施設でした~♪

    □■神奈川県立 生命の星・地球博物館■□

    ■入園料■
    20歳以上(学生を除く)520円
    20歳未満・学生300円
    高校生・65歳以上は100円。
    中学生以下は無料!

    ■アクセス■
    箱根登山鉄道「入生田(いりうだ)」駅 徒歩3分

    ■時間■
    9:00~16:30(入館は16:00まで)

    ■お休み
    月曜日・祝日の翌日(祝日・振替休日にあたる場合は翌平日)
    館内整備日(毎月第2火曜日、12月・1月・2月の火曜日)
    年末年始
    ※臨時休館日あり。8月は無休。

    ■住所■
    神奈川県小田原市入生田499

    ■TEL■
    0465-21-1515

     

    もっと読む

  • 1/5

    箱根・小涌谷~美の殿堂『岡田美術館』
    2017年1月5日

    2013年秋に箱根、小涌谷に出来ました、『岡田美術館』のご紹介です。

    入り口をぬけると巨大な風神・雷神の大壁画を正面に望んで

    ドリンクや「箱根プレミアムソフト」(400円)を

    いただきながら入れる「足湯カフェ」があります。

    先にゆっくりたたずむもよし

    美術品を堪能してからゆっくりするのもいいでしょう♪

    まず入館すると携帯やカメラタブレット類の持込は禁止で

    手荷物検査に金属探知機とい厳しいセキュリティチェックがあり

    持ち物は入口のロッカーに預けることになります。

    磁器や絵画に興味がないと

    入館料は2800円とちょっとお高いですが

    収蔵品の多さ、見ごたえを考慮したら納得です!

    okada

    ~2017年4月2日(日)まで
    ―広重の版画を中心に―
    『美術館で巡る 東海道五十三次の旅』特別展を開催中です。

    歌川広重の保永堂版「東海道五十三次」は

    53の宿場に日本橋(江戸)と三条大橋(京都)を

    加えた55図から成る浮世絵版画です。

    東海道を旅する人々や、その美しい風景を

    季節や天候、時間の移ろいとともに描いた傑作として知られています。

    東海道第10番目の宿場であり

    最大の難所として知られた箱根に位置する岡田美術館で

    「東海道五十三次」と名所の旅をお楽しみください。

    ■■岡田美術館■■

    ■住 所■
    神奈川県足柄下郡箱根町小涌谷493-1

    ■TEL■
    0460-87-3931

    もっと読む

おすすめプランRecommend Plan

すべて見る